根野菜 サツマイモの特徴

サツマイモとは
サツマイモは ヒルガオ科サツマイモ属に分類され低カロリーでカリウム・ビタミンが豊富で食物繊維が非常に豊富。原産は南アメリカで日本へは17世紀に渡来した。

温度について
発根には15度以上が必要で 温度が高いほど発根数が増える。但し30度以上では発根数が減少する。塊根肥大温度は20~30度。葉茎の生育も温度が高いほどよく生育温度は15~35度。

土壌について
砂壌土・壌土がほどよく混ざったものが肥料・水分の保持がよく 収穫まで正常な発育をするので収量・品質がよい。砂質土では肥切れがおきやすく塊根は丸型になる傾向にある。粘質土では土壌が固まりやすいので塊根の肥大が遅れ塊根は長形になる。

畑の準備
1平方メートルあたり堆肥2キログラム・カリ20グラム・化成肥料50グラムを施す。窒素成分を与えすぎると葉・茎が以上に茂り収穫量が少なくなる。多湿な畑・粘土質の畑では高うねにする。

植付け
苗を作るのは保温設備が必要なので種苗店等で買うのよい。株間30~40センチメートルで浅く水平に苗の先端を 1/4~1/5だして植えつける。

追肥
一般に追肥は必要ないが 植付け後1月程度の時期に草木灰を1平方メートルあたり300~500グラム施す。同時に除草・土寄せを行う。

病害虫
黒班病・根腐れ病・イモコナガ・ナカジロシタバ・センチュウ

収穫
霜がおりる前につるを切って株ごと収穫する。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

カボチャとは
カボチャは ウリ科カボチャ属に分類される野菜で 非常に多くの各種ビタミンを含んでいる。原産は南アメリカ大陸で紀元前から栽培されていた。日本へは16世紀ごろ渡来した。カボチャは大きく分けて日本カボチャ・西洋カボチャ・ペポカボチャの3つに分けられる。
温度について
発芽適温25~30度 生育適温18~20度 高温になると生育が止まり病害の発生が多くなる。
土壌について
あまり土壌を選ばない作物ではあるが 西洋カボチャはあまり肥沃な土壌でつくるとつるぼけして収穫量が落ちる。日本カボチャは肥沃で深く耕した土壌のほうが収穫量があがる。
種まき
肥料をいれた穴の中央に2~3粒種をまく。株間は西洋カボチャ1メートル・みやこカボチャ50センチメートル・日本カボチャ1.5メートルとする。その後 たっぷりと潅水する。
間引き
本葉3~4枚のころに一番生育がよいものを残し間引く。残す株の根を痛めないように注意して間引く。
追肥
元肥を十分にいれておけばあまり必要ないが 実が5~6センチメートルになったころに株の回りに化成肥料30~50グラムを施す。
管理
つるが伸びだしたら進行方向にそってワラ・枯れ草を敷く。花が咲き始めたら朝の早い時間6~8時くらいまでに雄花の花粉を雌花の柱頭につけてやり 確実に受粉させる。
病害虫
うどんこ病・べと病・褐班細菌病・アブラムシ・ダニ・ウリバエ
収穫
日本カボチャは開花から30~40日 西洋カボチャは開花から25~35日で収穫できる。
私的コメント
○「よく実がならない」と聞きますが 簡単です。雄花を切り取って 雌花にちょこちょこと花粉をつけてやるだけでぜんぜん違います。やりすぎると実がつきすぎて実の太るのが遅くなって困るくらいです。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン