根野菜 サトイモの特徴

サトイモとは
サトイモは サトイモ科サトイモ属に分類され低カロリーで蛋白質・ミネラル・ビタミンが豊富で食物繊維が非常に豊富。原産はマレー地方で日本へは縄文時代に渡来した。品種は大きく2類に分けられ小芋類・親芋類。小芋類は小イモを食すもの 親芋類は親イモを食すもの。

温度について
高温多湿を好む作物であるが乾燥には非常に弱く 成長には肥料に量よりも水分の量に左右されやすい。葉が広いために空中の乾燥にも弱いが 極度の過湿は根の発育を害する。半日陰でも栽培できる。

土壌について
土の質の適応範囲は非常に広く土壌酸度に対してもPH5~9と広い。但し 連作は忌地現象のため2~3年の輪作を行う。

畑の準備
乾燥に弱い・生育時間が長いので頻繁に水やりをすることにより土が固まりやすいので 堆肥等の有機肥料を多く施す。1平方メートル当たり 堆肥2キログラム・化成肥料50グラムを施し よく耕す。

植付け
家庭菜園では小芋類を使用する。やや大きめの種イモ(種苗店で売っているが無い場合は八百屋で土のついているものなら可)を株間30センチメートルとし 芽のでるほうを上にして深さ5~10センチに植えつける。

間引き
植えつけて1月ほど経つと芽がでてくるが 1株に2芽以上でた場合は大きいものを残して他は間引く。

追肥
芽の高さが10センチメートル・20センチメートル・30センチメートルになった時に3回 株の周りに化成肥料を20~30グラムまき 土寄せする。

病害虫
軟腐病・ネコブセンチュウ・ネグサレセンチュウ・イモムシ

収穫
霜が降りる前にイモを傷つけないように収穫する。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

ホウレンソウとは
ホウレンソウはアカザ科 ホウレンソウ属に分類され ビタミン・ミネラルを多く含む野菜。原種はペルシアで日本へは17世紀に渡来した。大きく分けて東洋種(種がひし形で葉が細く薄い・葉は切り込みが深く先がとがっている)・西洋種(種が丸く葉は丸く厚みがある)・それらの雑種の3つに分けられる。
温度について
発芽適温・生育適温ともに15~20度で耐寒性は強く一時的にはマイナス10度にも耐える。高温では生育が極端に悪くなり病害の発生が多くなる。
種まき
種子は丸種子・角種子があるが 発芽抑制物質を取り除くために 1昼夜水につけザル等にあげ水をこぼす。その後種を洗い 濡れた布をかぶせておくと 1日くらいで芽がでてくる。20~30%が発芽した時に畑にまくと揃って発芽する。すじまき・ばらまきどちらでもよいが あまり厚めに蒔かないように注意する。
間引き
本葉1~2枚・3~4枚・5~6枚の時に 極端に大きいもの・小さいものそして枯葉がついているものを間引き最終的に株間が6~8センチメートルになるように間引く。
追肥
間引きのたびに液肥をかける。収穫の1~2週間前に0.5%程度の尿素を葉面散布すると濃い緑の葉になる。
病害虫
べと病・たんそ病・立枯病・細菌病・ハモグリバエ・ヨトウムシ・アブラムシ
収穫
大きくなったものから順次収穫する。春まき・夏まきの場合はとう立ちがはやいのではやめに収穫を完了する。
私的コメント
○短時間で収穫できるので家庭菜園では楽しめる野菜です。季節により 種の種類を変えると 「とう立ち」せずに長く収穫できます。欲張りの方は間引きを遅らせると間引きしたものを食べることができます。柔らかくてとてもおいしいです。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2019年7月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン