実野菜 サヤエンドウの特徴

サヤエンドウとは
サヤエンドウは マメ科エンドウ属に分類される野菜で ビタミンを多く含んでいる。ヨーロッパが原産で紀元前から栽培されており 日本へは7世紀に渡来した。

温度について
発芽適温18~20度 生育適温15~20度 幼苗はマイナス5度でも耐える。25度以上では実の品質がよくない。

土壌について
根が真下に深く伸びるので 深く耕され有機質を多く含む肥沃な土壌を好む。酸性の土壌を嫌いこれにより病害が発生を招く。過湿には弱く連作障害をうけやすいので3年間は同じ土壌での栽培は行わない。

畑の準備
種まき・植付けの2週間に 石灰を1平方メートル当たり約200グラムの分量を散布し 畑をよく耕す。1週間前には堆肥を1平方メートル当たり約2キログラム・化成肥料30グラム・草木灰100グラムを散布し 畑を深く耕す。

種まき
畑の表面を平らにならし 株間30~40センチメートルで2~4粒の種を蒔く。種を蒔いた後は十分潅水する。

間引き
間引きはしません。そのまま育てる。

追肥
あまり肥料は必要ないが 月に1回程度化成肥料を与える。肥料をあたえすぎると葉・茎だけ伸びて花がつかない。特に窒素肥料はほとんどやらないようにする。カリ肥料として草木灰・硫酸カリは月2回ほどあたえることはよい。

管理
葉の数が5~6枚になったら品種により高さ1.5~2メートルくらいの支柱をたてネットを張って誘引する。わき芽は混みあわないように誘引する。

病害虫
うどんこ病・モザイク病・立枯れ病・アブラムシ・ハダニ・ハモグリバエ

収穫
サヤが長くなって中の実がすこしだけふくらんだ時に収穫する。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

ホウレンソウとは
ホウレンソウはアカザ科 ホウレンソウ属に分類され ビタミン・ミネラルを多く含む野菜。原種はペルシアで日本へは17世紀に渡来した。大きく分けて東洋種(種がひし形で葉が細く薄い・葉は切り込みが深く先がとがっている)・西洋種(種が丸く葉は丸く厚みがある)・それらの雑種の3つに分けられる。
温度について
発芽適温・生育適温ともに15~20度で耐寒性は強く一時的にはマイナス10度にも耐える。高温では生育が極端に悪くなり病害の発生が多くなる。
種まき
種子は丸種子・角種子があるが 発芽抑制物質を取り除くために 1昼夜水につけザル等にあげ水をこぼす。その後種を洗い 濡れた布をかぶせておくと 1日くらいで芽がでてくる。20~30%が発芽した時に畑にまくと揃って発芽する。すじまき・ばらまきどちらでもよいが あまり厚めに蒔かないように注意する。
間引き
本葉1~2枚・3~4枚・5~6枚の時に 極端に大きいもの・小さいものそして枯葉がついているものを間引き最終的に株間が6~8センチメートルになるように間引く。
追肥
間引きのたびに液肥をかける。収穫の1~2週間前に0.5%程度の尿素を葉面散布すると濃い緑の葉になる。
病害虫
べと病・たんそ病・立枯病・細菌病・ハモグリバエ・ヨトウムシ・アブラムシ
収穫
大きくなったものから順次収穫する。春まき・夏まきの場合はとう立ちがはやいのではやめに収穫を完了する。
私的コメント
○短時間で収穫できるので家庭菜園では楽しめる野菜です。季節により 種の種類を変えると 「とう立ち」せずに長く収穫できます。欲張りの方は間引きを遅らせると間引きしたものを食べることができます。柔らかくてとてもおいしいです。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2019年5月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン