葉野菜 シュンギクの特徴

シュンギクとは
シュンギクはキク科キク属に分類されビタミン・カルシウムを多く含む野菜。原種はヨーロッパで日本へは室町時代に渡来した。大葉・中葉・小葉の3種がある。 大葉は濃緑で葉が大きく切れ込みが浅い。生育は早いが耐寒性・耐暑性が弱い。中葉は濃緑で葉肉が厚く切れ込みは中くらい。生育は早いが枝の分岐が少なく茎が伸びやすく葉の数が少ない。小葉は生育が遅く葉の切れ込みはやや少ないが 分岐が強く根元から株がでるので葉数が多く収量も多い。しかし耐寒性・耐暑性が中葉より弱い。

温度について
種子の発芽適温10~15度 生育適温15~20度で乾燥に弱く 25度以上になると病気の発生が多くなる。

畑の準備
根は深くはらないので極端に深く耕す必要はない。種まきの3週間前に石灰を1平方メートル当たり約100グラムの分量を散布し畑を耕す。種まき2週間前には堆肥を1平方メートル当たり約1~2キログラムの分量を散布し 畑を耕す。乾燥に弱いのでうねは低めにつくる。

種まき
種子の催芽をするために1昼夜水に浸しザルに移し水をきる。濡らした布をかけ5~10%の種子の根がでたら畑にまく。すじまき・ばらまきどちらでもよいが厚くまかないようにする。

間引き
一般に3回に分けて間引きする。1回目は発芽してすぐに葉がふれ合わないように間引く。2回目は本葉が2~3枚に時に株間が約10センチメートルになるように間引く。 3回目は本葉が5~6枚に時に株間が約15センチメートルになるように間引く。

追肥
間引きのたびに液肥をかける。またシュンギクは乾燥に弱いので適時 水をあたえる。

病害虫
炭疽病・葉枯れ病・モザイク病・ヨトウムシ・ネキリムシ・アブラムシ

収穫
シュンギクは花が咲くまで何回でも収穫できる。1回目は下葉を3~4枚残してその先を収穫する。2回目は1回目の残した部分から小枝が伸びてくるのでそこに葉が5~6枚ついたら枝元の2枚を残してその先を収穫する。3回目は2回目の残した部分から孫枝が伸びてくるのでそこに葉が4~5枚ついたら枝元の2枚を残してその先を収穫する。この要領で花が咲くまで何回も収穫することができる。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

パセリとは
パセリはセリ科オランダゼリ属に分類されビタミン・鉄分・カルシウム等を多く含む野菜。原種はヨーロッパで日本へは18世紀に渡来した。
温度について
パセリの発芽温度・生育温度は15~20度と冷涼な気候を好む。25度以上になると生育は極端に低下し葉焼けを起こす。
種まき
パセリは直まきで株間20センチメートルで蒔く。発芽・初期の発育はあまりよくないので少し厚く蒔いたほうがよい。
間引き
本葉2~3枚の時に2~3本に 本葉5~6枚の時に1本立てにする。濃い色で縮みの多いものを残す。
追肥
約2週間に1度 液肥を散布する。また収穫した後も液肥を散布する。
病害虫
腐敗病・葉枯病・ダニ・アブラムシ・ネマトーダ
収穫
あまり早く収穫しないように。下から3枚は品質が悪いので収穫しないようにする。本葉が10枚以上になって収穫を始める。収穫後の葉の残りは11月~2月6~7枚 3月以降5枚は残すようにする。
私的コメント
○パセリは冬越が難しいです。小さい状態では冬越しできないし 大きい状態で冬越しすると春になってとうが立ちます。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2017年6月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン