3.生育する種子・石灰等の準備

さて プランターorトロ箱・土は準備できました。次は。。。ここは「プランターで。。。初心者の楽しい家庭菜園」です。難しい野菜は作りません。簡単に育てられる野菜 コマツナ・べんり菜・シュンギク・サラダナ・ホウレンソウ・ミニニンジン・ハツカダイコン・コカブ これらが作りやすく 又短期間(1~2カ月)で収穫できます。このなかから育てる野菜を決めてください。これまたD.Y.I.の店で売っています。これらの種だと1袋 150~200円くらいです。定価で買いますか?私の知っている店では30%引きが最安値です。もっと安いのが良いですか?100円ショップに行ってください。種の量は少ないですが2袋100円で売っています。最初はこれで十分と思います。だいたい D.Y.I.の店で売っているものは量が多すぎます。1袋を使い切ってしまおうとすれば 50坪以上の畑が必要の野菜の種もあります。
同じく石灰もD.Y.I.の店で売っていますがプランターorトロ箱での栽培ではたくさんは必要ないので100円ショップで買ってください。 1kgで約100円です。この量で 20~30回は作れます。
液肥もD.I.Y.の店 又は100円ショップで買ってください。D.I.Yの店では 0.8リットルのものが 500~800円くらいです。別に一流メーカーのものを買わなくてもだいじょうぶです。一流メーカーと三流メーカー(私が勝手に価格でそう区別しているのですが。。。)では2倍近く価格が違います。一流メーカーの液肥を使っても2倍よい野菜はできません。100円ショップでは ?リットルのものが100円で売っています。(今みてきたらありませんでした。またあったら記入します。)予算にあわせてお好きなほうを購入してください。

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像01

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像01

すこし量が多すぎかもしれませんが。。。5kgで287円でした。写真は写していませんが1kgで127円というのもありました。

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像02

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像02

一流メーカー?の液肥です。関係ないものも写っていますが。。。800ミリリットルで797円でした。一流メーカーと三流メーカー(私が勝手に価格でそう区別しているのですが。。。)

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像03

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像03

三流メーカー?の液肥です。800ミリリットルで487円でした。一流メーカーと三流メーカー(私が勝手に価格でそう区別しているのですが。。。)

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像04

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像04

まく種です。どれも定価で200円前後でした。このメーカーのをおすすめしているわけではありません。どこのメーカーの種でも大丈夫です。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

ブロッコリーとは
ブロッコリーはアブラナ科アブラナ属に分類される野菜でキャベツと同じ仲間でカリフラワーの原種といわれている。 特にビタミン・カロチン・鉄分を多く含む野菜でヨーロッパで栽培されていた。日本には明治時代に渡来した。
温度について
キャベツの仲間なので冷涼な気候を好み 生育適温は約18~20度。花蕾の発育適温は約15~18度。カリフラワーに比べて寒さ・暑さにも比較的強いが25度以上・5度以下になると生育が抑制される。花芽分化は大苗になるほど また低温になるほど分化しやすい。
土壌について
有機質を多く含んだ保水力なある土壌を好み PH5.5~6.5が適する。乾燥状態には強いが 排水不良の土壌では生育が非常に悪い。砂質の土壌では生育が早いが品質がよくない。
種まき
ブロッコリーは育苗して育てる。家庭菜園ではそう多くの苗は必要ないので ビニールポットで生育させる。(家庭菜園の指導書等にはピートポットで生育させるように書いてあるものが多いようですが)ビニールポットに4~5粒播き 薄く覆土し水やりし 発芽したら一番強そうなものを1本残す。時々 土の表面が乾かないように薄い液肥をあたえ 本葉5~6枚になるまでこの状態で育てる。
定植
定植はていねいにポットから外し 深植えにならないように注意して株間40~50センチメートル植えつける。完全に根付くまでは水やりに注意する。
追肥
定植後は完全に根付いて1週間後くらいから月2回ほど 化成肥料約10グラムを株元にまく。同時に除草・中耕・土寄せをする。花蕾ができ始まるころに石灰水を株間に施す。
病害虫
苗立枯病・べと病・こくはん病・アオムシ・コナガ・ヨトウムシ・アブラムシ
管理
多雨等の多湿な条件では病気の発生原因になるので 排水に注意する。乾燥期間には株間に堆肥などをしきこみ。
収穫
花蕾ができて2~3週間で収穫できる。但し花蕾ができ初めてからの外気温で大きく左右される。花蕾の蕾が米粒大にふくらみ 蕾が枝ごとに分れる直前が収穫適期。花梗を10~15センチメートルつけて切り取る。
私的コメント
○家庭菜園をはじめたころは 頭の花蕾だけしか食べれないと思っていました。うまく作り・よい季節だと2カ月くらい収穫できます。苗も作りやすく 家庭菜園ではほんとうに楽しめる野菜です。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2019年1月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン