3.生育する種子・石灰等の準備

さて プランターorトロ箱・土は準備できました。次は。。。ここは「プランターで。。。初心者の楽しい家庭菜園」です。難しい野菜は作りません。簡単に育てられる野菜 コマツナ・べんり菜・シュンギク・サラダナ・ホウレンソウ・ミニニンジン・ハツカダイコン・コカブ これらが作りやすく 又短期間(1~2カ月)で収穫できます。このなかから育てる野菜を決めてください。これまたD.Y.I.の店で売っています。これらの種だと1袋 150~200円くらいです。定価で買いますか?私の知っている店では30%引きが最安値です。もっと安いのが良いですか?100円ショップに行ってください。種の量は少ないですが2袋100円で売っています。最初はこれで十分と思います。だいたい D.Y.I.の店で売っているものは量が多すぎます。1袋を使い切ってしまおうとすれば 50坪以上の畑が必要の野菜の種もあります。
同じく石灰もD.Y.I.の店で売っていますがプランターorトロ箱での栽培ではたくさんは必要ないので100円ショップで買ってください。 1kgで約100円です。この量で 20~30回は作れます。
液肥もD.I.Y.の店 又は100円ショップで買ってください。D.I.Yの店では 0.8リットルのものが 500~800円くらいです。別に一流メーカーのものを買わなくてもだいじょうぶです。一流メーカーと三流メーカー(私が勝手に価格でそう区別しているのですが。。。)では2倍近く価格が違います。一流メーカーの液肥を使っても2倍よい野菜はできません。100円ショップでは ?リットルのものが100円で売っています。(今みてきたらありませんでした。またあったら記入します。)予算にあわせてお好きなほうを購入してください。

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像01

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像01

すこし量が多すぎかもしれませんが。。。5kgで287円でした。写真は写していませんが1kgで127円というのもありました。

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像02

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像02

一流メーカー?の液肥です。関係ないものも写っていますが。。。800ミリリットルで797円でした。一流メーカーと三流メーカー(私が勝手に価格でそう区別しているのですが。。。)

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像03

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像03

三流メーカー?の液肥です。800ミリリットルで487円でした。一流メーカーと三流メーカー(私が勝手に価格でそう区別しているのですが。。。)

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像04

生育する種子・石灰・液肥の準備 画像04

まく種です。どれも定価で200円前後でした。このメーカーのをおすすめしているわけではありません。どこのメーカーの種でも大丈夫です。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

カブとは
カブは アブラナ科アブラナ属に分類される野菜で ビタミン・消化酵素(オキシターゼ・ジアスターゼ・グリコシターゼ)を多く含んでいる。ヨーロッパが原産地で紀元前から栽培されており 日本へは4世紀頃に渡来した。大きさにより大カブ・中カブ・小カブに分けられている。
温度について
カブの発芽適温は15~20度 生育適温15~20度で冷涼な気候を好む。
種まき
うねを平らにならし十分水やりを行い十分湿った土にすじまきする。小カブの場合はばらまき 大カブの場合は点まきで株間20~25センチメートルに4~5個を種がかたまらないように広げて蒔く。覆土は約5ミリメートル。
間引き
小カブは3回にわけて間引きを行う。1回目は本葉1枚の時に混んでいるところを2センチメートル間隔になるように 2回目は本葉3~4枚の時に4~5センチメートル間隔になるように 3回目は本葉5~6枚の時に10センチメートル間隔になるように間引く。
大カブも3回にわけて間引く。1回目は子葉がでた時に混んでいる部分を 2回目は本葉2~3枚の時に 3回目は本葉5~6枚の時に 葉色が濃いもの・葉柄の太いもの・首の部分が着色しているものを間引く。2回目・3回目の間引きしたものは食べることができる
追肥
小カブは間引きのたびにごと また1週間~10日ごとには液肥を 大カブは1回目の間引きの後に液肥を 2回目・3回目の間引きの後には化成肥料を株間にまく。また小カブは収穫までの間に1~2回 大カブは頻繁に土寄せをする。特に大カブはこの土寄せを行わないと露出している部分が日にあたり 色がついたり皮が汚くなりきれいなカブが収穫できない。
病害虫
べと病・白班病・アブラムシ・キスジノミハムシ・シンクイムシ
収穫
小カブは直径が5センチメール程度になったら早朝・夕方に収穫する。収穫が遅れると裂根といって割れたカブなってしまう。大カブは12~15センチメートルになったら収穫する。
私的コメント
○秋まきでしたら 迷わず聖護院カブをおすすめします。煮物にすると最高です。その他の季節は子カブ・中カブがよいと思います。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン