5.種蒔き

5~7日待ってるのはつらいですよね。待たずに種をまいてもいいのですが。。。一応基本ということで守ってください。たぶん半分以上の方が守らないと思うのですが。。。
では 種まきを始めましょう。プランターorトロ箱の土をきれいに平らにしてください。凹凸があると種をまいた時に凹の部分に種が集まってしまうからです。プランターorトロ箱の土にジョロで水をかけてください。今回はびちょびちょは困ります。びちょびちょの半分くらいです。そこに買ってきた種をまきます。別に袋全部をまく必要はありません。ちょっとずつ 親指と人差し指を使い ねじるようにしてまきます。感覚としては3~5cm間隔(野菜の種類で異なります。解らなければ種の入っている袋の説明書きを参考にしてください。)に種をまいたような感じです。あくまでも感覚で 気持ちの問題でだいじょうぶです。その上に買ってきた土の残りをパラパラとまきます。種をまいた後 5mmくらいの土がかぶさるような量です。その上からもう1度軽く水をかけてください。種・土が流れてしまはないようにちょっとずつちょっとずつにです。これで種まきは終了です。
残った種は乾燥剤をいれたビン・カンにいれて光があたらない温度変化が少なく湿度が低いところに保存してください。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

パセリとは
パセリはセリ科オランダゼリ属に分類されビタミン・鉄分・カルシウム等を多く含む野菜。原種はヨーロッパで日本へは18世紀に渡来した。
温度について
パセリの発芽温度・生育温度は15~20度と冷涼な気候を好む。25度以上になると生育は極端に低下し葉焼けを起こす。
種まき
パセリは直まきで株間20センチメートルで蒔く。発芽・初期の発育はあまりよくないので少し厚く蒔いたほうがよい。
間引き
本葉2~3枚の時に2~3本に 本葉5~6枚の時に1本立てにする。濃い色で縮みの多いものを残す。
追肥
約2週間に1度 液肥を散布する。また収穫した後も液肥を散布する。
病害虫
腐敗病・葉枯病・ダニ・アブラムシ・ネマトーダ
収穫
あまり早く収穫しないように。下から3枚は品質が悪いので収穫しないようにする。本葉が10枚以上になって収穫を始める。収穫後の葉の残りは11月~2月6~7枚 3月以降5枚は残すようにする。
私的コメント
○パセリは冬越が難しいです。小さい状態では冬越しできないし 大きい状態で冬越しすると春になってとうが立ちます。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2017年5月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン