1.箱・プランターの準備

まず植える容器を準備します。それにはプランター・トロ箱を使うことにします。プランターはD.I.Y.の店で売っています。650タイプと呼ばれる 縦65cm 横23.5cm 深さ19cm程度のものが一般的のようです。価格は200円くらいからあります。そんなに高いプランターを買う必要はありません。高いプランターを使っても高品質の野菜が収穫できるわけではありません。もっと安いプランターのほうが良いと言われる方は100円ショップで買うことができます。但し100円ショップで売っているプランターは品質が悪いです。どのように悪いかというと 紫外線に弱く 1年使うと 割れてしまいます。また 土とプランターの間に敷く水きりの板がついていないものが多いです。
プランターに100円も使いたくないと言われる方は近所のマーケットに行って魚屋さんでトロ箱をもらってください。大体 マーケットのゴミ捨て場に放置してあります。ゴミ捨て場に放置してあると言っても 魚屋さんに許可をもらいましょう。それが礼儀です。トロ箱のサイズはいろいろありますが 市販のプランターと同じくらいか すこし大きいものでも構いません。但し深さはプランター程度は必要です。これで0円で済みます。

箱・プランターの準備 画像01

箱・プランターの準備 画像01

 D.I.Y.で売っているプランターで650タイプのものでサイズは W650mm×D235mm×H190mm です。一番やすいものは177円でした。いっぱいで14リットルの土がはいります。

 

箱・プランターの準備 画像02

箱・プランターの準備 画像02

魚屋さんのトロ箱です。こういうのはダイコン・ニンジン等の根が長くなるのにはピッタリです。この箱を使うと ダイコンでしたら5~6本は育てられます。

 

箱・プランターの準備 画像03

箱・プランターの準備 画像03

魚屋さんのトロ箱です。この「野菜作り・完全初心者」で作る野菜にはこのようなトロ箱が適しています。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

オクラとは
オクラは アオイ科トロロアオイ属に分類される野菜で ビタミン・ミネラル・カルシウムさらにはガラクタン・ベクチン・アラピンという食物繊維も含んでいる。原産地はアフリカで紀元前から栽培されていた。日本へ明治時代に渡来した。
温度について
生育適温22~30度と非常に高温を好み真夏の炎天下でもよく育つ。しかし耐寒性は弱く10度以下では生育がほとんど停止する。
土壌について
あまり土壌を選ばない作物ではある。多湿にも乾燥にも耐えることのできる作物。
種まき
気温が20度を超えてから種をまくこと。気温が低いと発芽しにくい。畑の表面を平らにならし 株間35~45センチメートルで3~5粒の種を蒔く。種を蒔いた後は十分潅水する。
間引き
発芽したら 本葉2~3枚・本葉5~6まいの2回の時期に間引き 1本立てにする。
追肥
収穫期間が長いので 週に1回程度化成肥料を与える。追肥した後は必ず土寄せをする。
管理
どんどん草丈がのびるので 葉が茂りすぎないように下から順に葉をおとしていく。
病害虫
立枯れ病・すす病・黒班病・灰色かび病・アブラムシ・フキノメイガ・ヨトウムシ
収穫
種まき後 60~70日から収穫できる。1日でもかなり大きくなるので毎日さやが柔らかいうちに収穫する。3日~4日放置していると大きく・かたくなりすぎて食べれなくなる。
私的コメント
○収穫は「あしたとろう」と思わず 今日とること。1日でも 大きくなるので まだ?と思った時に収穫するとやわらかく・おいしいオクラが食べれます。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン