プランターで。。。初心者の楽しい家庭菜園 小松菜の生育状態

この投稿では 小松菜の生育状態を投稿します。
まず この「小松菜」の種のパッケージに書いてある内容を紹介します。

こんな品種です。
●プランター、空箱等でも手軽に作れる家庭菜園向けの有良種で厳寒期を除けば年中栽培できます。
●葉は鮮やかな濃緑色で長楕円形、周縁キザミなく平滑で葉柄は丸味を帯びた扁平で細く柔らかい。
●生育旺盛で播種後50日くらいで収穫出来ます。
作り方
●畑に直接条まきか、バラまきとします。
●先に潅水して、たねを蒔き軽く土をかけます。
●発芽まで土の表面が乾燥しない様に潅水を行います。
●発芽後生育に伴い混んだ部分を間引きます。
●肥料は市販の化成肥料をパラパラと与えます。
料理メモ
採りたてのものは極めて新鮮で漬物、煮食、汁の実などにして風味満点、食味佳良です。

という種です。価格は10mlで定価157円です。
では 種を播きます。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

パセリとは
パセリはセリ科オランダゼリ属に分類されビタミン・鉄分・カルシウム等を多く含む野菜。原種はヨーロッパで日本へは18世紀に渡来した。
温度について
パセリの発芽温度・生育温度は15~20度と冷涼な気候を好む。25度以上になると生育は極端に低下し葉焼けを起こす。
種まき
パセリは直まきで株間20センチメートルで蒔く。発芽・初期の発育はあまりよくないので少し厚く蒔いたほうがよい。
間引き
本葉2~3枚の時に2~3本に 本葉5~6枚の時に1本立てにする。濃い色で縮みの多いものを残す。
追肥
約2週間に1度 液肥を散布する。また収穫した後も液肥を散布する。
病害虫
腐敗病・葉枯病・ダニ・アブラムシ・ネマトーダ
収穫
あまり早く収穫しないように。下から3枚は品質が悪いので収穫しないようにする。本葉が10枚以上になって収穫を始める。収穫後の葉の残りは11月~2月6~7枚 3月以降5枚は残すようにする。
私的コメント
○パセリは冬越が難しいです。小さい状態では冬越しできないし 大きい状態で冬越しすると春になってとうが立ちます。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン