プランターで。。。初心者の楽しい家庭菜園 雪小町20日大根の生育状態 2009年03月25日

雪小町20日大根も 種を播いて ほとんどの種が発芽したようです。やはりちょっと種を播き過ぎだったような。。。
雪小町20日大根も もう少しで本葉がでそうな状態です。写真のように 大きくなった?双葉を見ることができます。かなり混んで発芽しているようです。
少し発芽しすぎ?のようなので この時点で間引きします。時なしだいこんの場合は「子葉が正ハート型のもの そして生育が良い大きいものを残します。残さないものは? 子葉が長型、角型、丸型のもの そして生育の悪い小さいものを間引きします。」ということでしたが 雪小町20日大根は まず考えるのが苗の間隔です。2~3cm間隔にすれば良いと思います。
ちょっとややこしいかもしれませんが。。。苗の間隔を2~3cm、子葉が正ハート型、大きく育った苗、病害虫にやられてないもの という考え方でよいのでは???と思います。

プランターで。。。初心者の楽しい家庭菜園 雪小町20日大根の生育状態

プランターで。。。初心者の楽しい家庭菜園 雪小町20日大根の生育状態

面倒だと思われる方は苗の間隔2~3cmだけを考えれば良いと思います。
次回の投稿では 1回目の間引きが終わった雪小町20日大根の写真をお見せできると思います。

ワンポイント プランターで野菜つくり 初心者のための家庭菜園

パセリとは
パセリはセリ科オランダゼリ属に分類されビタミン・鉄分・カルシウム等を多く含む野菜。原種はヨーロッパで日本へは18世紀に渡来した。
温度について
パセリの発芽温度・生育温度は15~20度と冷涼な気候を好む。25度以上になると生育は極端に低下し葉焼けを起こす。
種まき
パセリは直まきで株間20センチメートルで蒔く。発芽・初期の発育はあまりよくないので少し厚く蒔いたほうがよい。
間引き
本葉2~3枚の時に2~3本に 本葉5~6枚の時に1本立てにする。濃い色で縮みの多いものを残す。
追肥
約2週間に1度 液肥を散布する。また収穫した後も液肥を散布する。
病害虫
腐敗病・葉枯病・ダニ・アブラムシ・ネマトーダ
収穫
あまり早く収穫しないように。下から3枚は品質が悪いので収穫しないようにする。本葉が10枚以上になって収穫を始める。収穫後の葉の残りは11月~2月6~7枚 3月以降5枚は残すようにする。
私的コメント
○パセリは冬越が難しいです。小さい状態では冬越しできないし 大きい状態で冬越しすると春になってとうが立ちます。



このサイトに関して
・投稿内の情報は私が実際に 私の家庭菜園で体験したこと、家庭菜園の師匠に教えていただいたこと等を掲載していますが、気温、雨量、湿度等の天気・種の品質・その他の条件でうまく生育できない場合があります。そのため、自己責任でこの内容を参考にしてください。

リンクに関して
・インデックスのページだけでなく、すべてのページにリンクしていただいて構いません。
・相互リンクも歓迎します。特に家庭菜園に関するサイト様はよろしくお願いいたします。但し、アダルト関連 また、キャシングローン、クレジットカード、サラリーローン、消費者金融、生命保険、自動車保険、株式投資等のサイト様はお断りさせていただきます。

この記事にコメントする

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近のコメント

    Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン